大阪市淀屋橋にある乳がん検診・検査 リボン・ロゼ田中完児乳腺クリニック


リボン・ロゼ 田中完児乳腺クリニック

「ついてる⭐ついてるBlog

   

処暑

2018年8月26日

おはようございます🌞マンマミーヤです。今日も愛と光の一日が始まりました!

 

処暑は8/23〜9/6頃。暑さがおさまる頃。

 

夕化粧(ゆうげしょう)

2018年8月25日

お早うございます、🌅マンマミーヤです!

夕化粧は白粉花(オシロイバナ)のこと。黒くて丸い種を割るとでてきます。白粉そっくりの粉がでてきます。夕方に咲くので夕化粧と呼ばれるようになりました。

 

まだ日も高い夏の午後に濃いピンクや黄色い花をさかせます。それは健康的な主婦が夕化粧する、そんな感じでしょうか。

 

女性は「美しくいたい」と常に思っている。。それが大和言葉までになっています★

 

私はペデキュアに使いたい色ですね~~

今日も明るい一日を!

images (1)

 

暮れなずむ

2018年8月24日

お早うございます🌅マンマミーヤです。

昨日は台風の影響で、電車も早めに本数減らし運行。街の人たちも早めに仕事きりあげていました。

 

「暮れなずむ」とは、暮れようとしているのに暮れることができない空。

夏の夕方は特にそんな感じがします。ゆっくり暮れていく中、家路に着く。やり残したことがあるようでそれと同時にほっとしている感じがします。

 

暮れなずむ空はそんな胸のうちを映し出しているようです。

今日も明るい一日を!

 

ダウンロード (3)

遠花火(とおはなび)

2018年8月23日

お早うございます、マンマミーヤです。

遠花火は、遠くから見る「音のない花火」のことです。秋の季語です。色だけ鮮やかに浮かんだは消えていく花火も見るだけでいいものです。

 

花火が発達したのは江戸時代。それは打ち上げ花火ではなく、手筒花火だったそうです。

 

火薬を詰めた大きな筒を小脇に抱え、底から噴き上げる火の粉を鑑賞するのです。大変危険ですが、その勇気を惚れた女性に示すために男たちは手筒花火を上げたのでそうです。

 

神がつけてくれた欲は花火を生んだのです★

 

今日もみなさんの素敵な一日を願っています。

 

ダウンロード

振舞水(ふるまいみず)

2018年8月22日

こんにちは、マンマミーヤです。

大暑中、通行人が自由に飲めるように、屋外などに出しておいた水。これが振舞水です。夏の季語です。

 

旅人や見知らぬ人に対してもこうした心遣いが古くからありました。喫茶店などで冷たいお水がでてくるとホッとしますが、これが、現代の振舞水。。。

こんな風習が受け継がれているかと思うと素敵です。

今日も皆さんの幸せを願っています。

images

星月夜

2018年8月18日

こんにちは、マンマミーヤです。

昨夜22時、大きなオレンジ月が西の地平線にありました。大きな月に驚き、眺める夜でした。今夜の上弦の月はどんなふうに見えるのだろうか。

 

今日も皆さんの幸せを願っています。。

ダウンロード (2)

 

 

ブログ再開します^_^

2018年8月17日

こんにちは、マンマミーヤです。

お盆が終わり、やっと平常に戻りました。

今日も元気で過ごさせて頂いて感謝です。

SendTo (5)

 

 

乳がん患者さんとパートナー💖7 

2016年9月26日

こんにちは。マンマ☆ミーヤです(^o^)

昨日はお墓参り中に蚊に刺されてしましました^_^;

生き残りをかけて 蚊も必死なんです。

ファイル_000 (6)

 

◆性欲の低下の原因

性生活への関心を失う原因として、乳がん治療以外の医学的な要因もあります。

 

たとえば、うつ病の症状のことがありますし、

 

確率は低いものの、降圧剤、不整脈治療薬、高脂血症治療薬、抗不安薬、消化性潰瘍治療薬、利尿薬などの薬剤の副作用も

 

性欲低下が出現することがあります。

 

ただし、それらの薬を飲んだとしても、性欲低下の原因になっているとは限りません。

 

自己判断で服用をやめるのではなく、主治医によく相談してください。

 

(性へのアドバイス 🌹より

国立癌研究センター高橋 都先生

国立病院機構 九州がんセンター臨床研究センター大野真司先生 看護部)

***********************

 

ファイル_000 (13)

次回も性の悩み続きます。。

 

乳がん患者さんとパートナーの幸せな性のアドバイス💖6 以前にこだわらない(2)

2016年9月24日

おはようございます。マンマ☆ミーヤです(^^)v

昨日のことを思い出そうとしても思い出せない、、、そんな今日です^_^;

IMG_4671

 

幸せな性のアドバイス。。

◆以前にはこだわらない。

 

 

性生活の着衣もおふたりの楽な形でOK.

 

当初は手術の跡を保護する意味からも下着を付ける方は少なくありません。

 

自然と下着を着けなくなっていくこともあります。

 

いずれにせよ、楽な方をお互いに伝えましょう。。♡

 

どうぞお幸せに❣

 

(性へのアドバイス 🌹より

国立癌研究センター高橋 都先生

国立病院機構 九州がんセンター臨床研究センター大野真司先生 看護部)

*******************

 

IMG_7072 (1)

次回も性の悩み続きます。。

 

乳がん患者さんとパートナーの幸せな性のアドバイス💖6 以前にこだわらない(1)

2016年9月23日

おはようございます☆マンマ☆ミーヤです(^-^)/

 

昨夜の月は十九夜の月。寝待月(ねまちづき)と呼ぶそうです。

欠けゆく月に対する人々の思いが感じられますね。

IMG_7046

 

今日も性の悩みをシェアしていきますね!

◆以前のパターンにこだわる必要はありません。

 

 

カップルがそれぞれに、慣れた性生活のかたちがありますが、再開した当初は前のようにいかないことが多いものです。しかい、前と同じである必要はまったくありません。

 

気持ちがあっても、夜には疲労がたまる場合、夜にこだわらず余力のある時間を使いましょう。

 

同様に、身体の痛みがあるなら、鎮痛剤が良く効いているときに寄り添うのもいいでしょう。

 

性交痛がある場合は、我慢しないでパートナーに伝え、十分前義の時間をとってもらいましょう。水溶性の膣潤滑ゼリーも大変効果的です。

 

潤滑ゼリーはご本人とパートナーのどちらかが使ってもよく、たっぷり使うのがコツです。

 

また女性のほうが動きをコントロールしやすい体位(女性上位、側臥位)をとることで、痛みへの恐怖感を和らげることができます。

 

(性へのアドバイス 🌹より

国立癌研究センター高橋 都先生国立病院機構 九州がんセンター臨床研究センター大野真司先生 看護部)

**************************

IMG_7050

次回も性の悩みつづきます。。。