大阪市淀屋橋にある乳がん検診・検査 リボン・ロゼ田中完児乳腺クリニック


リボン・ロゼ 田中完児乳腺クリニック

【スタッフブログ】 マンマ・ミーヤ

   

破竹(ハチク)

2018年9月13日

おはようございます🌞

今日も感謝してま~す。

 

竹は道具として加工され、昔から慣れ親しんできました。地震、台風時も、竹やぶに逃げて一命をとりとめた。という体験聞いたことがあります。

 

竹を一節割れ目を入れると、勢いよく割れます。本当に気持ちのいいものです。そこから勢いが盛んになることを、「破竹の勢い」といいます。

 

竹を初めて割ったときの爽快感が様々な形を変えて、また爽やかな夢に導いてくれます。

 

今日も明るい、楽しい、嬉しい一日を!

 

d17179d4

 

商冥加(あきないみょうが)

2018年9月12日

おはようございます🌄今日も感謝してま~す。

 

実りの秋です。収穫の季節、この季節だけは余るほど食べ物がありました。そしてその余った食べ物を交換したり、売ったりするようになりました。

 

「秋」にすることだから「あきない」。『ない』はいざない、占いのないと同じで、名詞について、動詞を作る接尾語です。

 

「冥加(みょうが)」とは知らないうちに受ける神様の恵みのことです。

 

神様のお恵みを受けて、私達は健康に生きて行けるのですね。

感謝~~m(_ _)m

 

今日も楽しくって嬉しくって、笑顔の一日を!

 

ダウンロード (7)

二日月

2018年9月11日

こんにちは、マンマミーヤです。

 

今日は二日月。眉より細い二日月が、夕方のほんの短い時間だけ見られることと思います。

今にも消えてしまいそうなたよりない二日月。

これから少しづつ満ちていく月。今晩が楽しみです★

 

今日もワクワクの一日を!

 

ダウンロード (6)

手弱女(たおやめ)

手弱女(たおやめ)とは、優しく、しなやかな女性のことです。

 

漢字で書くと、いかにも弱々しい女性のようです。

 

竹のように柔軟にしなって、また戻る。そんな様子は決して折れることない強さを感じます。

 

女性には弱い人はいない…ということです笑

 

今日も明るい一日を!

 

ダウンロード (5)

 

 

新月🌑

2018年9月10日

こんにちは、マンマミーヤです。

 

今晩は新月🌑。今日から満ちていきます。

 

あいにくの雨ですが、曇り夜空の月を探してみます。

 

これから満ちていく15日間を楽しむ。そう思うと天体観測が楽しみになってきます。

 

今日もワクワクな一日を!

 

Fotolia_151189544_Subscription_Monthly_M-1

 

月鈴子(げつれいし)

月から降ってきた鈴。月鈴子は鈴虫の異称です。

 

寝静まった夜に、飼っている鈴虫が突然「りーん、りーん」と鳴くと、なんともいえない心地よい気分になります。

 

子供の頃、母が鈴虫を飼って育ててくれてくれた。

それをふっと思い出しました。

 

今日も明るい一日を!

 

img_0

 

 

 

菊酒(きくざけ)

2018年9月9日

おはようございます☀マンマミーヤです。

9月9日は重陽の節句。旧暦の時代はちょうど菊の花の咲く時期だったので、菊をかざり、菊酒を酌み交わしてお祝いしていました。

 

長寿を若返りの象徴でもある菊。

なにかにあやかりる気持ちは現代でも同じです。どうか健やかに美しく過ごせますように。。。

 

今日も明るい一日を!

 

large

初秋刀魚

2018年9月8日

こんばんは、マンマミーヤです。

 

初さんま、炭火で焼いてみたかったんです…(七輪あればもっと風情が出た。今度買っておこう)

 

炭火おこすのに1時間くらい。夜の雨の中、必死で火を起こす。(予想以上に火を起こすのが難しい)

 

 焼けてくると油が落ち、ジュ〜!この音がたまらない。裏返すと網に皮がくっつく。(先に網を熱く焼いておくべきだった…)

 

料理は勉強になる。

 

今日も特別の一日です⭐️

 350D422C-1174-43ED-BC8B-4A9C3177BD16

撫子(なでしこ)

おはようございます🌞マンマミーヤです。

 

秋の七草にも数えられ、歌に詠まれるときも、恋しい女性に例えられることが多いようです。大和撫子は日本原産。中国産の唐撫子と区別するため、大和撫子は貴重なのです。

 

今日も明るい一日を!

 

nadesi6

弟草(おととぐさ)

2018年9月7日

おはようございます🌞マンマミーヤです。

 

花の兄弟ってご存知ですか?

昔の人は、先駆けて咲く「梅」を兄。遅れて咲く「菊」を弟に見立てて、弟草(おととぐさ)と呼んだのです。

 

弟は「乙人(おとひと)」が変化したもの。「乙」は若いことを意味します。浦島太郎に出てくる「乙姫様」もきっと妹の姫君だったのでしょう。

 

今日も明るい一日を!

 

e007e4fb40dace994f02f1ac1c9bd99b_s